SIMON

アビエイター型の特徴である涙型レンズシェイプの歴史的仕様や要素を継承し、VONNらしい独自の発想で、現代に取り入れ易い仕様に落とし込みました。レンズシェイプの下半分のカーブ角度を緩やかに修正し、ボストンシェイプに近づける事で掛ける人の顔を選ばない、特に日本人の顔に馴染み易い 柔らかな印象に仕上げる事に成功。
インナーセルの仕様が、選ぶ生地によってリムの透け感を演出する 事ができ、見た目の新鮮さと存在感を与えてくれます。βチタンを使用し、今作より新たに採用した ヤゲンが立つテンプルと割智のバランスが、全体の統一感と掛け心地の良さを約束します。