MARTIN

マンレイ山や割智といった熟練のクラフトマンシップは前作から継承しながらも、玉型のサイズを3mm大きく変更し、ブリッジ幅を調整するなど、ゆとりを持たせた サイズスペックに改良。インナーセルのアセテート生地を限界までさらに0.4mm細く削り落とすなど、よりスマートでバランスの取れた仕上りに昇華。今作より新たに採用した平打ちのテンプルにはβ チタンを使用し、肉厚なモダンはノンストレスな掛け心地と抜群の安定感を与えます。